読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作家はどうやって小説を書くのか、じっくり聞いてみよう! (パリ・レヴュー・インタヴュー I)


軽いノリのタイトルに比べて、作家陣がなかなかの大物ぞろい。資料としても貴重です。
特殊なのは、インタビューの前に小説のような描写があること。
まるで、自分もその場にいるかのような錯覚を味わえます。

作家陣

イサク・ディネセン
トルーマン・カポーティ
ホルへ・ルイス・ボルヘス
ジャック・ケルアック
ジョン・チーヴァー
ポール・ボウルズ
レイモンド・カーヴァー
ジェームス・ボールドウイン
トニ・モリスン
アリス・マンロー
イアン・マキューアン


インタビューだから内容もわかりやすいです。
文学理論書にありがちな難しい言葉はほとんどありません。
インタビュー自体は古いものですが、内容は古びていません。
だけではなく文章を書く人なら、心を打つものが必ずあるでしょう。とても示唆にとんでいます。


作家の個性もふんだんに表れていて、読み物としてもおもしろい本です。
たとえば、ジェームズ・ボールドウィン

なんでも読んだ。十三歳までにハーレムのふたつの図書館を読み尽くした。(p251)

かっこいいですね。

内容についてあまり引用しすぎるのもあれなので、トニ・モリスンの言葉を置いておきましょう。

書いていてむずかしいところは――むずかしいところはいっぱいあるけど――なにも聞こえていない読者にむかってページの上から静かに働きかけることのできる言葉を書くこと。そのためには、言葉と言葉のあいだにあるものにとりわけ注意深く取り組まなくちゃいけない。言葉として出されていないものに。節回しとかリズムとか、そういったもの。書いてるものにしばしばパワーをくれるものは、言葉としては書かれてないものなのよ。(p289)