路地裏ブック

本の感想

2017-09-10から1日間の記事一覧

今村夏子「木になった亜沙」感想 文學界10月号

木になった亜沙を読む やはりこの作家はただものじゃない。 「木になった亜沙」は、あらすじだけ追えば「変身譚」。タイトル通り、人間が木になる話だ。 一見するとよくある話。いかにも現代文学作家が書きそうなものだが……。 安心してほしい。ただの変身譚…